正確な家系図の作り方や注意点の詳細

家系図はその人の血筋を明確に示したもので、親族との関係がひと目で理解できるのが特徴です。家系図は元々、武家などの権力者が家督相続などの権利を明らかにする目的で作りました。後に庶民の間でも家系図を作ることが流行し、現在に至ります。家系図の作り方でもっとも重視すべき点として情報の正確さが挙げられます。

家系図の作り方には明確な決まりは存在しないため、どのような内容でも構わないと言えますが、一方で虚偽の内容では信ぴょう性に乏しく、自身のルーツを探るのに役立たないのも事実です。そのため、戸籍を照会するなど様々な方法で正しい情報を得ることが質の高い家系図を作る条件と言えるでしょう。より正確な家系図を作るなら行政書士や弁護士など、法律の専門家を頼るのも一つの方法です。戸籍の照会はその人が住む地域の窓口で行うのが原則なので、一般人には難しいのが実状です。

また、親族であっても正当な理由が無いのに戸籍の照会を求めることはできないとされています。その点、行政書士や弁護士は職務として第三者の戸籍照会を求めることができるので、効率的な作業が可能です。法律の専門家に頼った場合、数万円から数十万円ほどの費用がかかりますが、正確で詳しい家系図の作り方として最善の方法であることは間違いありません。現代の日本において、家系図は法的な効力を持たない私的な書類と見なされます。

どれほど正確な情報が記されている家系図であっても、それを根拠に財産相続の権利などを正当化することはできないので注意が必要です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です