家系図の作り方は簡単だけど難しい

武士やそれなりに歴史のある家系の場合、「家系図」がある家も多いようです。「自分の家は農家だけど家系図がある」という人もいるので、自分で作って残している人もいるのが分かります。家系図の作り方は案外簡単で、ノートや紙とペンがあればすぐに出来ると言われています。ただ、少し人数が増えてしまうと面倒な書き方になるので、もし自分で家系図を書きたいと思ったときにはシンプルな方法を選びましょう。

たとえば、「家系図の作り方」と検索すると昔書かれた図が画像で出てくることがあります。それを参考に書いていくとスムーズに書くことは出来ますが、人数が家族ではなく親族にまで及ぶととても難しくなってしまうそうです。たとえば、親戚同士をどのような関係かを線で引いたとすると、ぐちゃぐちゃになってしまうので困りものです。なので、家系図を書くときは「シンプルでわかりやすい形」を取るようにすると良いかもしれません。

家系図の作り方はわかりやすく、まずは自分と両親や兄妹姉妹の関係を書くと良いです。そこから両親の祖父母やその兄弟と広げていくと、分かりやすくてシンプルな家系図を作ることが出来るでしょう。作り方を考えたときは「これくらいなら簡単」とあれこれ増やしていくこともありますが、人数を増やすよりもこれから結婚や出産などで人数が増えることを考えて余裕を持ったものを作ることをおすすめします。分かりやすくてシンプルなものなら、そこに子供たちが書き加えてくれるかもしれません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です