自分自身で家系図の作り方

自分で家系図の作り方としては、全国各地に散らばっている戸籍を集めて、戸籍から得た情報を元に家系図を書く方法があります。戸籍を取得するには限界がありますので、できるだけ詳しく知りたい時には、祖父母などに聞くとわかることもあります。きちんとした家系図の作り方をしたい方は専用のソフトが必要となりますが、ソフトがなくてもエクセルがあれば作ることも可能です。無料テンプレートを使って作成していくことをおすすめします。

すべての家系を集めることは不可能なので、できるところまで作成をする方がいいです。戸籍から家系図を作るだけでも先祖などが発見できることもありますので、家系図を自分で作成するのは困難と思わないことです。戸籍がすべて揃ったと思っていても抜けている部分が必ずありますので、焦らずゆっくり時間をかけて家系図を作成することが重要となります。戸籍から得た情報を元に家系図を書いていきますが、自分だけで楽しむ場合には作成す形式は自由です。

エクセルを使うことで、作成しやすくなります。家系図を作成していくと枝分かれで家系によって個々に異なる形になりますので、エクセルの操作ができれば比較的簡単に作業をすることができるのです。万が一スペースが足りなかったりしたら、スペースを広げれば続けて作業をすることができるのです。戸籍調査で判明したの情報をつなぎ合わせることで、家族の物語ができあがりますので家系の宝物になります。

江戸時代のご先祖は、どんな仕事をしていたのかなどは、誰でも簡単に調べることができるので、時間があればそういった情報も記入しておくと素晴らしい家系図として仕上げることができます。家系図の作り方としては、結構時間と手間を要しますので、時間のある時に行うことをおすすめします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です