家系図の作り方で家計を調べる方法

家系図の作り方で家計を調べる方法は4つあり、戸籍をたどる戸籍調査・文献を調べる文献調査・親戚や本家、菩提寺に聞く聞き取り調査、現地に行って調べる現地調査です。様々なアプローチがありますが自分の記憶をたどることも重要で、誰でも家に伝わる言い伝えなどの一つくらいはあるので、昔祖父などから聞いた話や見せてもらったなど、家紋・苗字の由来などを思い出してみてメモに纏めると家系図の作り方の下準備になります。家系図の作り方の家計をたどるステップですが、最初に戸籍調査で現在から江戸末期まで調べてから、次に文献で江戸から明治時代を中心に調べます。その後聞き取りと現地で調べていきます。

家計をたどるにはいくつかの段階があり、大きな違いは江戸末期まで辿れる戸籍、その先の戸籍以上の調べ方です。戸籍なら役所へ請求して集められるので難しくはないですが、次の文献・現地・聞き取りとなると方法が違うので専門性や難易度も変わります。基本的な戸籍調査だけで満足する人も多いですが、家系図をつくりたい人の多くは江戸時代の先祖の職業・歴史上の人物や出来事との関係性、苗字や家紋の由来・家に伝わる伝承が本当かどうかなどです。これらは文献などで調べることがメインで、最終段階のルーツの推測まで行くとなると深い歴史の知識がないと難しくなり上級者向けとなります。

専門業者なら得意分野ですが、一般の人だと遠いルーツに興味がある人や歴史的な知識がある人なら挑戦してみてもいいかもしれません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です