家系図の作り方について

家系図の作り方はさまざまな方法があり、ご先祖の情報を集める手段を大きく分類すると、いくつかの方法に分けることができます。それぞれ違いがあり、家系図の作り方も異なるのが特徴です。たとえば戸籍調査方式では、江戸末期まで辿ることが可能で、文献調査、現地調査や取り調べなどといった手段でサーチしていきます。専門性や難易度が大きく変わっていくため、時間と手間を照らし合わせて選択しましょう。

さらに、詳しく調べる項目も列挙しておくべきで、江戸時代のご先祖の職業、歴史上の人物や出来事との関係といったものから、名字や家紋の由来や伝承というものなどです。これらの情報は全て戸籍以上の調査によって判明し、文献調査が主な方法となるでしょう。家系図の作り方は、やはり自力では難しいところがあります。そこでプロの家系図業者に調査を依頼するということも時短や手間を大幅に省く手段です。

特に現地調査は場所が遠かったり、時間が無かったりでなかなか行えるものではありません。それらをプロの業者に頼むことによって詳細な家系図完成までのステップを簡単にできます。もちろん戸籍調査は自力でできる範囲で、役所から戸籍を取得し、その情報を元に系図を作成していきます。文献調査も自力で行うことができ、家系がどのような状態であったかなどのストーリーとして知ることが可能です。

現在の名字かかつての旧姓から調べるのが最もポピュラーなケースと言えるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です