家系図の作り方について

自分の生まれやルーツを知るということは、非常に重要なことです。それを知ることで、自己同一性やアイデンテティが明確になるのです。そして自分の先祖を知ることで、それを自分の子供や孫に伝えて言うこともできるんです。昨今は、こうした家系を多くの人が知らないことで、問題が生じることが多くなってるんです。

例えば先祖代々の土地と家屋を、親が死んだことできちんと遺産相続をしておかず、そのまま子が住み続けることが有ります。さらにその子が結婚もせず、子供も設けなかった場合、その人自身が死んで亡くなると、その土地家屋の相続がややこしくなっていくんです。そしてある日突然遠縁のところに役所などから電話が入り、税金を納めてほしいという報告が入ったりするのです。このように両親が亡くなった時にきちんと相続がなされず、土地家屋の名義人変更もされずに50年80年と経過することがあります。

すると相続人が孫を超え玄孫やその親族となり、遺産を放棄するにもすべての親族の了承捺印が必要で、新奥を探すこともできず困り果ててしまうことが多くなってるんです。そこで家系図の作り方などをきちんと把握し作成しておくことも大事です。家系図の作り方の基本は、縦書きで自分と夫もしくはパートナーを二重線で結びます。そして二人の間委にできた子を一本戦で下に書き足します。

年齢が高い方が右になり、舌に生まれた子を左に書き足します。このように家系図の作り方を把握し、子供が出来たらその都度書き足す作業を怠ってはいけません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です