自分でできる家系図の作り方

家系図の作り方は難しいと考えている人は少なくありませんが、それほど難しい物でもありません。祖父母までなら各自治体の役所で作成することが可能といわれています。自分の本籍地の戸籍謄本を取り寄せる方法は、直接自治体の役所へ行く方法だけではありません。郵便での取得が可能となっているところもあるため、事前に確認をしたうえで申請をしましょう。

自分だけではなく自分の祖先の戸籍も取り寄せられるだけ取り寄せてください。戸籍謄本を取得した後は記入されている内容を確認し、家系図を作成することになります。家系図の作り方の一つにスマホアプリを利用する方法がありますが、アプリの中にはPCでも使用な物もあるため、チェックして使用するとより利便性が高いです。また、特に必要ないと考える人には表計算ソフトを使って家系図を作ることができるため参考にしてください。

なお、表計算ソフトを使った家系図の作り方を紹介しているサイトも増えてきました。作り方がわからないときには確認して利用するとスムーズに利用できます。注意したいのは祖父母より前の世代です。戸籍が残っていない可能性もあるため、よく確認することが重要となります。

親戚に確認して家系図が残っていないかどうかチェックしてみることも重要です。祖先の記録を確認することで、ある程度スムーズに作成することができます。わからないときには祖先の話を生きている親類に確認して、更に祖先が済んでいた地域に聞き取り調査を行うことも必要です。家系図の作り方のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です