敏感肌の人向けクレンジング

敏感肌の人はメイクや化粧水、乳液などを使用したときにしみたり肌が荒れたり、赤くなってしまいます。それでも、敏感肌の人でもメイクをしたい、そんな敏感肌の人に合ったクレンジング方法をご紹介します。敏感肌といっても、人によりその状態はまちまちです。大切なことは自分に合ったクレンジングでメイクをしっかり落とすことです。

肌に負担をかけたくないために、洗浄力に欠けるクレンジングを使ってメイクが肌に残ったままになるのは、逆に肌の大きな負担となってさらに肌を荒らすことにつながります。ですので自分のメイクをきちんと落とせるクレンジングを選ぶことが重要です。しっかりメイクが好きな人はオイルやリキッド、ジェルなどの洗顔料を使用します。ホホバオイル、オリーブオイルもクレンジングの代用として使うことができますが、少々手間がかかります。

肌に負担がかかるから薄めのメイクしかしない、という人はクリームタイプやミルクを使います。クリームやミルクのタイプのものは。マイルドなので、目元口元のポイントメイクを落としたいときはポイントメイクリムーバーを使いましょう。石鹼で落とせる日焼け止めしか塗らないという人は洗顔石けんのみでよいでしょう。

石鹸のダブル洗顔は皮脂を取りすぎてしまうので避けましょう。肌への摩擦がより刺激.荒れを引き起こすので、どれを使うにしてもあくまでソフトにやさしくなでるようにしてメイクを落とすように心がけるのがいいでしょう。肌が敏感になっている人は、肌が弱い人向きの化粧品を扱っている会社の、肌に刺激を与えない処方でつくられた洗顔料を使って、(会社によっては無料で使い方など電話でカウンセリングもしてくれるところもあります。)手順通りの正しい洗顔料の使い方で洗うのがおすすめです。