乾燥肌のケアは紫外線対策から

乾燥肌に悩む人は意外と多いようです。肌質だからある程度は仕方がないと考えている人もいるようですが、実は日常生活の中に要因が潜んでいることも少なくありません。乾燥肌の大きな要因として挙げられるのが紫外線であり、紫外線を浴びることによって角質が硬くなり、潤いや水分を保持する能力が低下して乾燥を招いてしまう可能性があります。紫外線は一年中降りそそいでいますので夏だけ対策を行えば万全というものではありません。

確かに紫外線の強くなる夏は特に対策が必要になりますが、秋や冬も適切なケアが必要です。乾燥肌に悩んだら、まずは肌の再生能力を高めてかたくなった角質をはがれやすい状態にしなければなりません。一度かたくなった角質を元に戻すのは困難ですが、肌細胞は一定期間が経過するとはがれ落ちて新しい細胞が生まれますので、その生まれ変わりを利用してコンディションを整えることが有効です。ターンオーバーの働きが活発な肌はいつでも瑞々しい状態をキープすることができますし、トラブルとも無縁です。

ターンオーバーは生活習慣や食生活によっても整えることができます。ビタミンAやビタミンC、ビタミンEなどのビタミンやミネラル、タンパク質などをしっかりと摂り、質の良い睡眠を確保して適度な運動を取り入れれば、全身の循環が改善されてターンオーバーを促進させることができます。お肌のコンディションは日々の生活にも大きな影響を受けています。