基礎化粧品のひとつ化粧水の働き

美肌を維持するために、スキンケアを毎日行っている人は多いです。基礎化粧品のひとつである化粧水は、肌の水分を補給することが目的の化粧品です。洗顔後の肌は、メイクや汚れと一緒に保湿に必要な成分や油分も減少してしまっていて、不安定な状態になっています。水分を補給して肌を保湿することで、肌に潤いを与えます。

水分を補うだけであれば普通の水でもいいのでは?と考える人もいるでしょう。実際、化粧水の成分の7~8割が水分で作られているのですが、残りの成分には浸透力の高いグリセリンや肌に潤いを与えるヒアルロン酸やコラーゲンなどの成分をバランスよく配合しており、肌に浸透しやすい工夫がされています。また、化粧水を肌に付けることで、そのあとに付ける美容液や乳液などの成分を浸透させやすくする働きもあります。美容液は保湿効果を高め、乳液は水分の蒸発を防ぐ役割を行うので、スキンケアとして欠かせないといえます。

現在は化粧水といったもさまざまな種類があります。保湿目的以外には、美白、ニキビ用などがあるので、目的に合わせて使用することもおすすめです。また、洗顔後、できるだけスピーディにケアをしましょう。化粧水を浸透させるパッティングは、強く叩きすぎる方法では肌への刺激が大きすぎます。

優しくなじませるように浸透させる方法で行いましょう。ムラがないように、そしてケチらずたっぷり使用することが大切です。いくら高い商品でもケチって使用すれば、必要な成分が肌に十分浸透しません。