Skip to content

医療レーザー脱毛について

医療レーザー脱毛は、病院やクリニックの皮膚科で行う脱毛法です。

施術は医師自身や医師の指導ものと看護師が行うためたいへん安心ですし、医療用の出力の高いレーザーを使用するので脱毛効果が非常に高いのが特徴の一つです。

医療レーザー脱毛の仕組みは、レーザーが毛の中にある黒色メラニン色素に反応して熱を出し、その際に毛の生産工場ともいえる毛乳頭及び毛包幹細胞にダメージを与えるので、二度と毛が生えてくることはありません。またレーザーが黒色メラニン色素にのみ反応するので、周辺の皮膚組織にはダメージをほとんど与えません。このように安全性が高い医療レーザー脱毛ですが、熱を発生させるときに極稀に肌に赤みや軽い火傷の症状が起こることがあります。

たいていの場合、患部を保冷剤などでよく冷やして清潔に保っておけば数日もすると症状が治まってきますが、悪化したり改善が見られないようなら施術を受けた医療機関で治療を受けるようにしてください。医療レーザー脱毛は医療機関でのみ行う脱毛なので、施術中や施術後に肌トラブルが起こったときでも、すぐに医師に診てもらえるのでとても安心です。毛の生える周期に合わせて施術を行いますが、脱毛効果が非常に高いために一般的には、二ヶ月に一度の施術で約一年から一年半で脱毛が完了します。医師が常駐する精神的な安心感や脱毛効果の高さなどを考えると、医療機関で医療レーザー脱毛を行うことをおすすめします。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *