Skip to content

美容のため永久脱毛したい方は医療脱毛が必要ですよ…

美容のため永久脱毛する場合、エステサロンで行う脱毛と医療クリニックで行う医療脱毛では大きく異なってきます。

いずれもレーザー脱毛なのですがエステサロンで行うレーザー脱毛は毛の根本にある発毛指令を出す細胞「毛乳頭」に対してダメージを与えます。医療脱毛の場合は「毛乳頭」を破壊します。破壊されると再度発毛することはありませんが、ダメージの場合は又再生してきます。

「毛乳頭」の破壊が医療行為とみなされています。当然エステサロンでは医療行為に相当するレーザー脱毛は施術できません。又毛には毛周期というものがあり、1周期は成長期、退行期、休止期からなり、周期を繰り返します。通常目に見える毛は全体の1/3程度と言われていますので1回の医療脱毛レーザ照射で永久脱毛を実現することはできません。通常は2~3ヶ月の間隔でレーザー脱毛を繰り返します。5回程度の照射は必要となります。

肌があらわになる夏前に脱毛を実現するには秋9~10月頃にレーザー治療を開始するのが効果的です。レーザー脱毛のリスクとしては、火傷とニキビです。レーザー脱毛では黒色に反応して熱に変換されるというレーザーの特性を利用しているため、日焼けで黒い肌に照射すると火傷を負うことがあります。又レーザー照射によって肌のバリア機能がなくなるため、ニキビの原因となります。また医療脱毛ではエステサロンに比較し、照射エネルギーが高いため、その分痛みも強くなります。痛みに我慢できない場合は麻酔をかけることもできますので、心配には及びません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *