Skip to content

永久脱毛を唯一実現可能とする医療脱毛

医療脱毛では、現在の主流である医療レーザー脱毛やニードル脱毛等により、ほぼ全身のムダ毛を処理できることの他永久脱毛が唯一実現可能であるとされています。

その理由は、医療脱毛の確実性に基づきますが、その一方で永久脱毛には幾つかの定義があります。これらは何を以って永久と云うかが異なり、例えば文字通りには永久に毛を生えて来なくする処理方法を意味しますが、米国電気脱毛協会の定義では最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下の状態を指し、更にレーザー脱毛下では永久に減毛を図ることを意味します。

このことから、確実性が高い医療脱毛の永久脱毛とは、施術後完全にムダ毛を失くすことではなくある程度の期間ムダ毛の再生が抑制されていることを言います。その為、永久脱毛ができるだけ長期に渡り毛が生えて来ない状態を指す場合、他の脱毛方法も含めた点からはムダ毛の再生抑制力が最も高い医療脱毛がより永久脱毛を実現可能にしています。そして、特に現在医療脱毛の主流であるレーザー脱毛では、照射することで毛を生やす元である孟母細胞やその周辺細胞を破壊することが出来る為、効果的にムダ毛の再生を抑制できます。

また、毛が抜け生えするサイクルである毛周期に合わせて照射することで効率化されており、毛周期の中でも毛根の細胞が活発化している成長期にあるムダ毛を狙うことで次の周期に入ってもその活動を再開させないことが目指されています。更に体の中にある全ての毛の量も考慮して確実且つ安全に徐々にムダ毛を少なくして行き、より再生を抑えた脱毛の実現を可能としています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *