Skip to content

レーザー照射によるシミ治療はどんな手順で行われるか

シミの治療の方法にはレーザー照射による方法があり、主に美容皮膚科をはじめとする医療機関で実施されています。

美容皮膚科におけるレーザーを利用したシミ治療の手順は、最初にカウンセリングを行って身体にできているシミの治療方法を決定します。このとき、施術料金についても見積もりが出されるので、見積もりに同意すれば施術が行われることになります。なお、化粧をして美容皮膚科に訪れた場合は、メイクを落とした上で医師にみせることになるので注意が必要です。施術では、まず表面麻酔クリームを照射する部分に塗り、麻酔の効果がでるまで別室で待機します。

このとき、麻酔クリームが塗られた部分には、テープやラップなどで覆って保護する処置が行われることが多いです。麻酔が効いてきたら、レーザー照射装置が置かれている部屋に行き、レーザー照射を受けます。照射時間は1センチ四方の範囲で10秒程度となっており、この間はゴムで身体を弾かれたような痛みが生じることがあります。ただし、これは麻酔クリームの効き目が十分に出ている状態におけるものであり、場合によっては強い痛みを感じることもあります。

もし、レーザー照射によって強い痛みを感じたら、我慢せずに医師に伝えましょう。レーザー照射の施術が終了したら、絆創膏や肌の色とほぼ同じ色のテープを使って照射した部分を保護します。このアフターケアが終わったら1回のシミ治療が終了となり、帰宅することができます。後は、これを色素の沈着が目立たなくなるまで繰り返すだけです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *