Skip to content

皮膚科で行われているシミの治療

シミの治療は、長い時間をかければ自宅でも行うことができます。

しかし、一度トラブルを起こした肌は再び同じようなトラブルを起こす危険がありますし、適切なケアを行うことができないとどんどん濃くなってしまうこともあります。長くケアを続けているのに改善されない場合には、自宅でのケアにこだわらずに皮膚科を受診することが大切です。皮膚科で行われているシミの治療にも色々な方法があります。外用薬で治療する場合、肌の漂白剤と呼ばれるハイドロキノンが利用されることが多いようです。

有効成分が5~10%と高い濃度で含まれていますので、シミの治療にとても大きな効果を発揮します。市販されているものにも含まれていることがありますが、濃度が低くなりますので、皮膚科で処方される薬ほどの効果は得られません。内服薬では、トランサミンやビタミンC誘導体が使われます。トランサミンはメラノサイト活性化因子をブロックすることにより、メラニンの生成を抑えることができます。ビタミンC誘導体は直接メラニンに働きかけることで、色素沈着を改善していきます。

その他、ビタミンEが処方されることもあります。ビタミンEは高い抗酸化作用で有名ですが、単体で利用されるのではなくビタミンCと組み合わせることで相乗効果が期待できます。皮膚科で行われる治療には保険が適用されます。そのため、本格的なケアを意外と手頃な費用で受けることができます。短期間のうちに効果が出やすいというメリットがあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *