Skip to content

シミ治療にレーザー施術を受けたときはケアが大切です

シミを消すための方法として代表的なものと言えば、美容皮膚科などで受けることができるレーザー治療があります。

レーザーの照射を受けるときには、ゴムではじかれたような痛みを感じますので、希望によって麻酔薬やジェルが用いられます。多くの場合では美容皮膚科などの病院でレーザー施術を受けることとなり、シミの部分にレーザーを照射します。照射の時間は30秒ほどが目安となり、様々なシミの状態にもよりますが1回あたりの施術時間は10分程度のものが多いと言えます。

レーザーが照射された部分は白くなって、かさぶたができます。一時的にレーザーを照射する前よりも目立つ状態になりますので、創傷保護テープなどを貼ることで患部の保護を行います。照射後は美白剤や軟膏などが処方されますので、用法を守りながら使用します。症状の経過を見るまでは、日焼け止め対策をしっかり行う必要があります。施術を行ってから1か月後ほど経過すると、一時的な色素沈着の症状が現れる場合がありますが、多くの場合で3か月から半年ほど経過することによって自然消滅します。

レーザー治療を受けた後のケアを怠ってしまうことで、逆にシミが国内場合があります。レーザー治療を受けてからは医師の指示に従って、しっかりとケアをすることが大切になります。レーザーを照射した後は肌のバリア機能が低下しているものと考えられますので、帽子や日傘、日焼け止めクリームなどを使用することで対策を万全にする必要があります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *