Skip to content

医療機関で行うレーザー脱毛とは。

病院やクリニック等、医療機関の皮膚科で行う医療用のレーザーを使った脱毛を医療レーザー脱毛と言います。

医療機関ならではの出力の強いレーザーを使用するので、脱毛効果の高さが大きな特徴です。また、一度に広範囲の施術が可能なので短い時間で脱毛が完了し、痛みも輪ゴムでパチンと弾かれた感じの瞬間的な痛みなので十分我慢ができる範囲です。しかし痛みには個人差があり、ムダ毛が濃く太い場合や皮膚の薄いデリケートラインなどは特に痛みを強く感じるようです。

もし痛みが我慢できずに施術を途中でやめてしまうようなことがあれば、医師に相談すると皮膚の表面に塗って痛みを感じにくくする麻酔クリームやガスを吸うことで痛みをやわらげることができる笑気ガスを使用してもらえます。ですので痛みに関してはそれほど心配する必要はありません。

医療レーザー脱毛は、ムダ毛の黒色メラニン色素に反応して熱を発生させて、毛を作る働きをする毛母細胞にダメージを与えるため、周辺の皮膚にはほとんど影響を与えないのですが、稀にレーザーの熱により皮膚が赤くなったり軽い火傷が起きたりする場合もあります。肌トラブルが起こった時にはすぐに医師の治療が受けられ薬が処方されるので、医療機関で脱毛を行う方が安心できます。施術時に肌トラブルを起こさないためには、レーザー脱毛をする前にしっかりと肌を保湿して、日焼けをしないようにUVカットクリームを塗るように心がけましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *