Skip to content

ニキビ 新宿

ニキビ治療には多くの方法がありますが、レーザーを使ったニキビ治療を行う皮膚科やクリニックがあります。

レーザーは、現在症状が出ている患部の状態を改善したり、ニキビ跡の改善に高い効果を発揮します。また、ニキビをできにくくする効果も期待できます。今できている患部に対するレーザー治療は、レーザーを使って皮膚に無数の極小さな穴をあけ、ニキビの原因となる毛穴につまった古い角質や皮脂、汚れなどを溶かし出して治療します。

使用されるのは、炭酸(CO2)ガスレーザーです。膿が深部に存在する場合や、化膿していなくても、毛穴をつまらせている内容物を早めに出した方が良いと判断される場合に使われます。普通の皮膚科では、化膿している場合、抗生物質などの内服薬が処方されることが多いです。

しかし、レーザーによって、毛穴のつまりを手っ取り早く解消した方が、治りが早く跡が残りにくいです。レーザーのメリットは、痛みがないことです。症状や状態がひどい場合であっても、短時間で完了するので時間を要しません。しかし、レーザー治療にもデメリットはあります。レーザーを使う場合は自費診療となるため、1回当たりの料金が決して安くないということです。

場合によっては、何度か通院する必要があります。もし、レーザーを使ってみたいと思う場合は、評判の良い皮膚科やクリニックで、納得のいくまで医師の話を聞きましょう。いくつかの医療機関を回ってでも、一番信頼感の持てるところを選ぶことが大切です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *