Skip to content

レーザー脱毛の注意点

レーザー脱毛は現在、永久脱毛の主流となっています。

それ以前はニードル脱毛(針脱毛、電気脱毛)しか永久脱毛の方法はありませんでした。皮膚に針をさして通電する方法のため、出血したり、強い痛みを伴うこともあり、及び腰になる利用者も多かったようです。ひとつひとつの毛穴に個別に施術するため、費用も手間暇もかかっていました。

しかしレーザー脱毛という方法が普及し、そうした問題点はかなり克服されてきています。新宿のクリニックでレーザー脱毛では一定面積に一度に照射できるため、時間も手間もかかりません。費用もニードル脱毛より安く済みます。

痛みはかなり強いと感じる利用者も少なくないようですが、ニードル脱毛ほどではないようです。ただ、ある程度の面積の毛穴を一度に施術するため、毛根の処理能力はニードル脱毛ほどはないようです。また、黒い色に反応して熱を発生させる光を利用しているため、日焼けしていると、肌にも熱を発生させてしまいます。照射した皮膚が一面に赤くなることもあるようです。一番効果があるのが、色白で体毛の濃い場合で、産毛や薄い毛には向きません。

施術機器は日進月歩で改善されており、さらに安全で処理能力の高いものになっていく可能性はありますが、そうなったとしても、体毛の再生能力は元来非常に高いもので、永久脱毛と言っても文字通り毛が永久にまったく生えてこなくなるものではないようです。ただ、数年後にまた生えてきたとしても、弱弱しく細い毛であることが多く、それなら満足とする利用者も少なくないようです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *